かんげきのきろく。

福岡在住の主婦が舞台やドラマの感想を綴ります。

エリザベートのこと。

東宝エリザベート2016 博多座公演 観劇記@歴代トートと蘭乃シシィ ~㋇17日マチネ~

投稿日:2016年8月19日 更新日:

スポンサーリンク

娘に「大きくなったら、ママとエリザベート観に行こうね~」って言ったら「え~、ぴーちゃん父ちゃんと野球見に行く!」とバッサリ振られたあちゃ。です。

大人げなく「いいもん、きゅーくんと行くから」と拗ねてみました(コラ)

息子の予防接種行ったり、区役所に用事があったりと、色々ありますが、何かをしながらも、「エリザベート」について考えます。それが楽しくてたまらんのです、私は。そして、昔のCD聞いて(しかも内野トート)、ムフフと笑いながら気が付いた。初めて「エリザベート」を観劇してから干支が一周していることに。

マジかー!!!

色々ショックです。ショックと言えばで歴代トートと蘭乃シシィについて。
まだ書くよ。

城田トートについて、散々書いて考えた。
私が観た歴代トートで、初めて気持ち悪いと思ったし、このトートは好きじゃないと思った。
でも、でもさ。
ど~したって美しいんだよね!!
ビジュアルは間違いなくダントツです。もうレベルが違う。鬘もメイクも、違和感ないどころか、本当にその姿なんじゃないかってくらい様になってる。でも、何か足りない。イメージだけを言葉にすると軽いんだ。で、昔のCDを聞いて思った。

「声」だ。

「エリザベート」は全編ほとんどが歌。このキャスティングには歌の技術が絶対条件だと思う。
なぜかそれがままなってない気がするけど、最低限は歌えないとこの世界を表現できない。さらに、トートに必要なのは死を表現できる声だと思った。
私が声フェチだと言ってしまえばそれまでだけどさ。
山口トートはとにかく劇場を包み込む存在感と色気が声にあった。歌い始めるとトートの世界になる。生身の人間ですから、正直2008年までがピークだったかな、とも思うし、動きとかは、もどかしい通り越して可愛らしいくらいでしたけど(笑)

内野トートは、歌の技術に関してはアレですが(笑)、ものすごい色っぽい声してた。甘く、甘くシシィを誘う「死」でした。武田トートは、残念ながら観てないのよね~。悔やまれる。
石丸トートは、力強くシシィを「死」へと引きずり込もうとする声だった。でも、時々切ないの。力強いんだけど、甘くもあるの。
マテトートは…ものすごく強引なトートだけど、発音が気になってあまり入り込めなかった(;^_^A
トートの印象は歌と声で決まる。
ビジュアルとか表情も関係あるけど、そもそもトート=死なんだから、見た目はあまり重要じゃないのかも。城田トートは美しすぎるくらいだし、声も甘くて、歌も申し分ない。でも、声に厚みがない。そうか、だから物足りないんだ、と一人納得。

…。

何度も言いますが、勝手に思ったこと書いてる、一観客の独り言ですからね?
歴代トートはみんな違う魅力があって好きです。
一番好きなの誰だろ?ってしばらく考えてますが(他に脳みそ使いなさいよ)、多分石丸トートです。願わくば、石丸トートと花總シシィが観たい。トートをトリプルキャストでやってくれないかな~!!

シシィはシングルキャストでいいと思います(小声)

さっきも書いたけど、この作品で歌えることは最低限の条件だと思います。
去年よりはよくなってるとか、本人は頑張ってるとか、そんな内輪の話は観客には関係ないんですよ。そりゃ、ファンで観に行ってる人もいるんでしょうけど、それで集客してる部分もあるんだろうけど。せめて音程通りに歌ってくれ。一曲の中でファルセットと地声が行ったり来たりで「私だけに」はずっこけるかと思いました。

そんな蘭乃シシィの感想。
最初に出てきたときは、ふわふわ笑ってる可愛い女の子で、一瞬寿美礼さんに似てる!?とビックリしました。ちょっと顔似てるよね。寿美礼さんと蘭乃はなちゃんと、ふづき美世ちゃん(笑)
キラキラ可愛い笑顔です。でも、なんてゆうか、笑ってるだけ。顔で笑ってるだけ。
あ、この子なにも考えてないなってのが第一印象です。
なにも考えてない子が、助けてくれた王子に恋して、世間知らずなまま皇帝に嫁いで、自分の生き方模索してました。「愛と死の輪舞」で、トートはシシィに恋する演出が濃くなってましたが、城田トートは、蘭乃シシィに恋したとゆーより、コレクションしたかったように思います。

多分、反抗されて興味が出たんでしょう。手元に飾っておきたくなったんでしょう。そんな感じ。
晩年の方が、うまく歌っていて、二幕は安定してました。
でも、歳取らなかった。ずっと少女だった。少女が我儘いってるだけだった。
フランツは歳を重ねるのに、シシィは若いまま。
そうか、トートに見初められて、歳取らなくなったんだ。
トートが、そっち側の人間にしちゃったんだ。トートとシシィだけが、別の世界を生きてる。もう、フランツには届かない場所にいる。最初から結ばれるはずがなかったんだ。

これは、新しい感覚で面白かったです。
こういう面白さがなくちゃね。これが「エリザベート」よね。
でも、まぁ、蘭乃シシィはもういいかな。お花さま観たら分からないけどね。
それぞれの組み合わせで観たいと思っちゃうかもしれないし。
次は21日マチネです。井上トート×花總シシィ。
こっちもワクワクです。その前に、山崎育三郎ルキーニと田代万里生フランツと涼風真世ゾフィーについても書きたいんよ…。記録しておきたいことが多すぎて…書けるかしら(;^_^A

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-エリザベートのこと。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

東宝エリザベート2016 博多座公演 観劇記@花總シシィ ~㋇21日マチネ~

スポンサーリンク 宝塚時代も知ってるし、初演雪組とその後の宙組「エリザベート」のDVD持ってる。 他の舞台でも観たことある。 でも、今回ほど花總まりをすごいと思ったことはなかった。 美しさは正義だ。 …

no image

東宝エリザベートDVDあれこれ。

スポンサーリンク 突然娘に「ママ、エリザベートみていいのよ」と仏のような顔で言われました。 どうした娘、エリザベートは嫌いじゃなかったのか(笑) 言われなくても、相変わらずちょいちょい見てます。 ちょ …

no image

2016年東宝エリザベート追記と、観劇したい作品。

人に言われて気が付いたけど、ゾフィーは香寿たつきと涼風真世なんですね! キャスト表みたはずなのに、ハッキリ覚えてなかった(-_-;) これはね~、どっちも観たいね~。かなめさんは、去年「貴婦人の訪問」 …

東宝エリザベート2016年公演DVD 井上トートバージョン。

スポンサーリンク 幼稚園の冬休み前の平日に届いてよかった…! 息子がたくさん昼寝する子でよかった…!! と感謝せずにはおれません。 ちなみに息子は生後2ヵ月くらいから夜もまとめて寝てくれて、夜泣きもし …

no image

博多座エリザベートの観劇予定は3回です。

やはり、3回にしました(`・ω・´) すべてA席。散財しました(笑) トートは城田優2回、井上芳雄が1回。 エリザベートは花總まりが2回、蘭乃はなが1回。 今回エリザベートは、どっちかというとおハナさ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー