かんげきのきろく。

福岡在住の主婦が舞台やドラマの感想を綴ります。

ドラマのこと。

逃げ恥終わってしまった・・・(´・ω・`)

投稿日:

スポンサーリンク

終わりましたね!!
とっても楽しくて、キュンとしていい最終話でした!よかった!!
でも寂しい!!主婦はドラマ終わると、ロス感半端ないです!!

や、一話前が全然納得いかないってか、ラストで、いやいや、みくりちゃん、それは小賢しいよ。そもそも結婚するってことは協力しながら家庭を築くってことで、専業主婦は一般的には無給なんだよ!!と、ツッコミたくなる終わり方だったので・・・。

それはないだろうと思ってたけど、「砂の塔」みたいにワケわからんラストにならなくてよかった(笑)
野木さんの脚本が高評価のようですが、私は野木脚本では「空飛ぶ広報室」が最高だと思ってます。ドラマでハマった後に原作読んだけど、ドラマの方がものすごーく面白くてビックリした。

だいぶフザけた雰囲気でしたが、家事分担について話し合うのはとても良かったです。あれってなかなか出来ることじゃないんですよね。分担しても、家事は「完了」とするところに個人差が出るんですよね。お風呂掃除も、浴槽だけ洗って次に入れるようにすればいいのか、壁もサッシもキレイにしたらいいのか。
で、多くの場合妻が夫にイラっとするんじゃないでしょうか?お米炊き忘れた平匡さんに対するみくりちゃんの態度みたいにね!私の経験上、めちゃくちゃ共感したってか、身に覚えがあります(笑)

でも、直接文句言わないんですよね。言えないんですよ。
で、ただ態度に出してしまって、空気が悪くなるという・・・分かる!!わかるよ~!!!

それにしても夫婦は共同経営責任者っていいですね。
子ども出来るとちょっと変わってくるんですけど、家族をうまく運営するために何が必要か、役割分担をどうするかと話し合うのはとても大事だと、つくづく思います。いま、ウチはそこが上手くいってるので、家庭にストレスはありません。
最終話見て、新婚のときは大変だったことを思い出しました。色々あったよなぁ…。結婚して一緒に暮らすって、大変なんですよね。ものすごくエネルギー使うし、めんどくさい。それでも一緒にいて乗り越えられることもある。

でもさ、でもさ、「一人でいるのも二人でいるのも面倒なら、二人でいるのも手じゃないでしょうか」てさ…。

どうして「好きだから面倒でも一緒にいたい」と言ってくれないの!!

原作の展開知らないから、何ともですが、プロポーズの時にしても平匡さんは「好きだから」とは言ってくれないんですよね。
言ってよ!!そこ大事よ!!その感情があるから、二人でいようと思えるんじゃないの!!と若干不満でした。一番キュンと出来そうだった分、消化不良でした。なので、今回一番のキュンはメインの二人じゃなくて、ゆりちゃんと風見さんでした。
風見さんのゆりちゃんに対する気持ちの展開は早かったですけど、キレイにまとまってよかった!コミック派の私は原作が気になる!!

頻繁に観劇できない専業主婦にとって、ドラマは日々の大切な糧です。
娘は冬休みに入り、クリスマス、年末年始と慌ただしい日々の始まりです。それを乗り越えたら、また楽しいドラマが始まりますように!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ドラマのこと。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

三浦翔平くんが気になる話。

スポンサーリンク さて、先日書きました三浦翔平のドラマね。 「正義のセ」ね。 ちがいます。 いや、舞台はともかくドラマはさぁ、全然評判とか調べたりしないで世間的にどうなのかまったく知りませんが。 私と …

「砂の塔」が面白くなかった話とフェイスマスク買った話。

スポンサーリンク ドラマ「砂の塔」の最終回がビックリするほど面白くなくてガッカリしました。 あそこで、新しい人物出して犯人とか何が面白いん…?しかもママ友のいざこざが中途半端やし。あのままみんなでお付 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー